お知らせ

蔦機械金属株式会社(身近な製品を手がける部品供給メーカー)

業種:メーカー(機械) / メーカー(電子・電気・OA機器) / メーカー(自動車・輸送用機器)

本社所在地:兵庫県姫路市資本金:9,900万円売上高:78億1,937万円(2018年度) 74億7,479万円(2017年度)経常利益:2億8,725万円(2018年度) 2億2,769万円(2017年度)従業員数:273名(男170名、女103名)
  • 理系歓迎
  • 文系歓迎
  • 最終更新日:2019/02/21

興味を持ったらすぐにアクション!

インターンシップ情報
ホームページリンク 蔦機械金属ホームページはコチラ!今すぐチェック!

2020年春に姫路市広畑区に新工場稼動!! 私たちと一緒に最先端のものづくりに挑戦しませんか!

私たち蔦機械金属は、自動車機器を中心に、産業用・レジャー用・農業用など、幅広い分野にわたる機械部品を製造しているものづくり企業です。

現代の生活に欠かすことのできない自動車はもちろん、オートバイやジェットスキー、さらには農業用機械などにも当社の部品が使われています。

ダイカスト鋳造と機械加工によって造り出される部品は、機械の重要なパートを占め、高い精度や品質が求められるものばかりです。

私たちの強みは、ダイカストの金型技術や鋳造技術、さらに加工技術の3本柱を合わせ持つこと。
各分野において最高水準の先端技術と製造技術を他社に先駆けて導入し、世界の一流メーカーからも高い評価と信頼を得ています。

「小さな部品が担う大きな責任と確かな信頼」。それが私たち部品供給メーカー「TSUTA」の誇りです。

採用担当者からのメッセージ

どんな小さな部品にも、品質向上・技術革新・素材改革の波が、常に押し寄せています。
現状に甘んじることは、退化に等しいと言えるでしょう。

我々『蔦機械金属株式会社』の事業においても、その仕事にたずさわる一人ひとりが問題意識を持ち、その解決・改善に向かって常に努力する姿勢を持ち続けることによってのみ、顧客の満足と信頼を得ることができるのです。

さらにまた、仕事というのは、単に企業発展や収入のためだけのものではありません。

貴重な人生を共に歩む仲間として、互いに啓発し合い、個人の能力や特性を伸び伸びと発揮できる自己実現の場とすることも、当社の大きな目標です。

蔦機械金属でつくる製品は、華やかな表舞台に立つことはめったにありません。しかし、例えば現代の生活に欠かすことのできない自動車。そのエンジンや電装品まわり、カーオーディオなど、1台の車にも多くの「ツタ」の製品が装着されているのです。

1922年の創業以来、第二次世界大戦の被害を乗り越え、私たち蔦機械金属は、自動車部品のパーツメーカーとして、お客様に信頼される企業に発展しました。今や国内にとどまらず、海外の一流メーカーからも高い評価を得ています。

『ダイカスト』ってご存知ですか? ダイカストは、精密な鋳型に圧力を加えて、溶けた合金を流し込む鋳造方法のことで、この方法によって製造された製品を示す言葉でもあります。

蔦機械金属の「強み」は、1.金型の設計・製作、2.ダイカスト鋳造、3.機械加工・仕上げまで、この3本柱を自社ですべてまかなえる「一貫体制」が整っていることです。

第1工程では、先ず鋳造をするための金型を設計・製造します。
第2工程では、その金型を製造ラインにセットして合金を流し込みます。
流し込まれたドロドロの合金は、第1工程で作られた金型の形に固まります。
そして取り出された製品は、不良がないかの検査を受け、第3工程の機械加工部門へと送られるのです。

この3つの工程を3本柱として、お客様のニーズに迅速且つ、高精度で高品質な製品を提供することでお応えしています。
当社で作られた製品はこんなところで活躍しています! 蔦機械金属の製品は、自動車のエンジンまわり、電装品まわりなど、1台の車の中に数多く装着されています。他にも、オートバイやジェットスキー、農業用機械、建設用機械など、数えてみれば極めて多くの業界と通じています。

みなさんの身の回りのもので言えば、やはり自動車が一番身近でわかりやすいかもしれません。ボンネットを開けてみてください。エンジンのヘッドカバーや、オルタネータ、スタータなど、そこには私たちが手がける数多くのパーツが使われています。

大きなものをつくり上げているたった一つの小さな部品ですが、いずれも機械の重要なパートを受け持ち、目的や用途に応じた高い精度や品質が求められるものばかりです。
2020年春、姫路市広畑区に新工場稼動!! 電気自動車、ハイブリット車対応の部品を生産するため、姫路市広畑区に第3の工場を建設。2020年4月より稼動予定です!!

真新しいピカピカの工場で、私たちと一緒に最先端のものづくりに挑戦しませんか?!
:経営理念・社是 経営理念:
蔦機械金属株式会社は、
・常に新しい技術、新しい製品、信頼される品質を通じ、社会に奉仕する。
・常に従業員と共にありその幸福と会社の発展の一致を図る。
・常に時代の流れをつかみ、堅実にしかも意欲的に進む。

社是:『誠意・責任・協業』
Tsuta Innovation活動 私たちは、Tsuta Innovation活動を常日頃から続けています。
品質改善、コスト削減、そして顧客満足度のアップ。
この目標を実現するために、Tsuta Innovation活動を邁進中です。
事業内容 アルミ合金ダイカスト
ダイカスト用金型
アルミ合金鋳物
精密機械加工
本社所在地

〒670-0996

兵庫県姫路市土山1-4-8

TEL : 079-297-3111    FAX : 079-293-0834

大きな地図で見る

事業所 本社工場
〒670-0996 姫路市土山1丁目4番8号
TEL 079 297-3111
FAX 079 293-0834

白浜工場
〒672-8022 姫路市白浜町宇佐崎南1-25
TEL 079 247-3311
FAX 079 247-3313

広畑工場 
〒671-1123 姫路市広畑区富士町-12-1
TEL 079 230-5551
FAX 079 230-5880
設立 創立 1922年(大正11年)4月1日
代表者 取締役社長 蔦 昌樹
資本金 9,900万円
売上高 78億1,937万円(2018年度)
74億7,479万円(2017年度)
経常利益 2億8,725万円(2018年度)
2億2,769万円(2017年度)
従業員数 273名(男170名、女103名)
平均年齢 44.2歳
平均勤続年数 15.8年
主な取引先 三菱電機株式会社(姫路、三田、福山)
川崎重工業株式会社(明石工場、建機事業部、播州工場)
井関農機株式会社(松山、熊本)
沿革
1922年(大正11年)
蔦工作所を設立。各種紡績、化学機械の製造を行う。
1939年(昭和14年)
社名を株式会社蔦機械工作所に変更
1949年(昭和24年)
社名を蔦機械金属株式会社に変更
1964年(昭和39年)
本社工場を姫路市土山に移転
2000年(平成12年)
白浜第2工場 設立稼働
2004年(平成16年)
飾東工場 設立稼働
2017年(平成29年)
飾東工場 分社 独立
関連会社 株式会社ミノル製作所
有限会社山崎工作所

機械工作を通じて、時代の求める技術を実現し、社会に貢献することが私たちの使命です。

人間力と技術力を融合し、高精度で高品質の製品をお客様に提供できることが私たちの誇りです。

問い合わせ先 ◇採用担当
吉田 康広、柳尾 七香

◇お問い合わせ
TEL 079-297-3111

E-Mail y-yoshida@tsuta.co.jp
交通機関 【本社工場】
JR姫路駅 徒歩20分
神姫バス 東雲町 徒歩5分

興味を持ったらすぐにアクション!

インターンシップ情報
ホームページリンク 蔦機械金属ホームページはコチラ!今すぐチェック!

このページのトップへ▲