株式会社ヒナセショッピングセンター(旬鮮食彩館パオーネ)

業種:スーパー / 専門店(食品)

資本金:1200万円売上高:14億8万円(2020年1月期) 15億8万円(2019年1月期)   16億8万円(2018年1月期)従業員数:123人(2020年12月時点) うちパートアルバイト85名
  • 理系歓迎
  • 文系歓迎
  • 総合職
  • 留学生可
  • 最終更新日:2021/04/13

興味を持ったらすぐにアクション!

説明会/セミナー情報

すべては笑顔の食卓のために!こだわりのある生産者さんとお客様をつなぐ、地域密着型食品スーパーです。

大手食品スーパーにはできないことを…。
私たちの「旬鮮食彩館 PAONE 塩屋店」には、青果・鮮魚・精肉・惣菜を中心に、私たちが自ら足を運び、自ら試食し、お客様と同じ目線に立って選んだこだわりの商品が並びます。

青果や鮮魚は、毎朝市場に出向き、市場で直接仕入れ。自分たちの目で確かめて仕入れを行い、市場の方々と情報交換。そうやって信頼関係を築き上げてきたからこそ、とびきり価格や隠れた商品をお客様にお届けすることができるのです。

直接仕入れにも力を入れており、北は北海道の有機野菜から南は鹿児島喜界島の新生姜、地元の有機農家さんが作った農作物、フランスやイタリアのナチュラルワイン…。ローカルやグローバルに関わらず、私たちが共感する生産者さんとのネットワークはどんどん拡がっています。
企業理念 すべては笑顔の食卓のために!
おいしく、体にやさしい食材は、人を幸せに元気にし、自然と笑顔にします。今後は、地域の「食」のつながりの核となり、地域の小さなメーカーさんとの共同開発などにも取り組み、共存共栄していきたいと考えています。料理教室なども開催し、お客様ともっとつながりたいと考えています。
お客様からの「ありがとう」の言葉が、何より私たちの喜びです。
社名の由来 岡山県備前市日生(ひなせ)町で、地域密着型食品スーパー「旬鮮食彩館パオーネ」を創業することから名づけられました。
旬鮮食彩館 PAONE 「旬」…季節の旬、「鮮」…鮮度の良さ、「食彩」…食の彩り。P…People(人々)、
A…Amenity(快適)、O…Oasis(憩いの場)、N…Natural(自然)、E…Entertainment(楽しさ)。
地域のお客様が毎日気持ちよく、安心して楽しく買い物が出来る、そんな“憩いの場”であり続けたいという願いが込められています。
事業内容 食品スーパーマーケット
本社所在地

〒701-3204

岡山県備前市日生町日生2302番地の1

大きな地図で見る

事業所 @旬鮮食彩館パオーネ塩屋店 兵庫県赤穂市塩屋字寺田275−1
A旬鮮食彩館パオーネ日生店 岡山県備前市日生町日生864−10
設立 昭和51年(1976年)2月
代表者 磯野 幸則
資本金 1200万円
売上高 14億8万円(2020年1月期)
15億8万円(2019年1月期)  
16億8万円(2018年1月期)
従業員数 123人(2020年12月時点) うちパートアルバイト85名
平均年齢 46.2歳
平均勤続年数 10.0年

興味を持ったらすぐにアクション!

説明会/セミナー情報

ヒナセショッピングセンター(旬鮮食彩館パオーネ)にエントリーしている方は、以下の企業にもエントリーしています。
あなたもきっと食べている!兵庫から全国へ!世代を超えて伝えたい
「すべてを郷土繁栄とともに」を110年続けてきました。
三菱電機の一員として、自由な発想と先端技術を駆使して、独創的で高品質な製品を生み出しています。
「姫路発の日本一」を目指すITソリューションの専門商社。

このページのトップへ▲